• English

ニュースリリース

ホーム > ニュース > 詳細
文字サイズ | | | |
一覧に戻る
2022年03月09日
タマディックが上位500社に認定 健康経営優良法人2022「ブライト500」
タマディックが上位500社に認定 健康経営優良法人2022「ブライト500」

タマディックが上位500社に認定
健康経営優良法人2022「ブライト500」


株式会社タマディック(本社:東京都新宿区/愛知県名古屋市、英文社名:TAMADIC Co., Ltd.)は、2022年3月9日に経済産業省・日本健康会議が選ぶ「健康経営優良法人2022」の中小規模法人部門において、上位500法人のみが取得できる「ブライト500」に認定されました。



弊社は創業以来、自動車、航空・宇宙、FA・ロボット、情報・家電業界の国内トップメーカーとともに設計開発・生産技術・解析業務をはじめ最先端技術の開発・革新に取り組んで参りました。同時に、「働きがいのある職場の実現」「健康保持・増進」を重点施策とし、2017年より「株式会社タマディック健康宣言」を制定、社員の健康課題の把握と必要な施策を検討することで、心と身体の健康づくりを支える職場環境を推進しております。

下記4項目においては全社一体で数値の向上を目指しており、2019年度からは禁煙に成功した社員に祝金を支給する「禁煙チャレンジ」、2021年度からは禁煙を含め健康的な減量や健康的な生活習慣の維持に成功した社員に祝金を支給する「健康チャレンジ」へと内容を改訂、さらに2021年11月に竣工した新社屋「タマディック名古屋ビル」では、社員が利用できるオフィスサウナを設置し、一層の健康促進に取り組んでおります。


①定期健康診断受診率
2020年度:100%を達成(目標:100%)
健康診断がより受けやすいように集団健診を実施。集団健診が受けられない社員に対しては提携施設で実施。休職や業務都合で健診が受けられない社員は日程を調整した上で実施。

②二次健診受診率
2020年度:62.0%を達成(目標:70%以上)*
二次健診対象者に対して個別に受診勧奨を実施。職場上司が二次健診を受けやすいように業務配慮を実施。
*新型コロナウイルス感染症による受診控えの影響はあるが受診率は前年並みを維持

③ストレスチェック受検率
2020年度:91.4%を達成(目標:100%)
2015年度より職業性ストレス簡易調査用紙を用いたストレスチェックを開始。2016年からは受検者の利便性向上のためWeb方法へ変更。自身のストレスへの気づきを促すため、未回答者に対するメールでの受検勧奨を実施。

④有給休暇取得率
2020年度:78.3%を達成(目標:70%以上)
法改正(2019年4月)に先駆けて、2016年度より有給休暇取得計画活動を開始。月例管理本部会議で取得計画に対する取得実績を報告し、計画通りに取得できていない社員に対しては上司が業務配慮を実施。


弊社では今後も健康経営を実践し、ワークライフバランス推進やダイバーシティへの取り組みによる社員のモチベーションアップを通して、技術力と人材力を両輪に「総合エンジニアリング企業」としての歩みを進め、付加価値の高い技術サービスを提供してまいります。


■健康経営優良法人認定制度について
地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

ホーム > ニュース > 詳細
HOMEに戻る TOPへ